よしたかのぶろぐ

田舎の大学院を卒業し都会でもまれる話

無題その1

おひさしぶりの.
最近連絡関係は会社から大学時代の友達にいたるまでslackで完結してしまうようになったよしたかです.
もうLINEで連絡してこないでください(嘘

冗談はさておき,とうとう学生生活を卒業し新卒というレッテルを貼られ社会進出してしまいました.
今年の春に上京し,某広告屋さんでwebエンジニアとして働きはじめました.
人生で今後もう受けることのないシンソツケンシュウや先輩エンジニアたちの出現に,学生時代と比べられないスピードで毎日を送っていました.
名刺交換や電話対応ゲキムズ(そもそも電話自体になぜか慌ててしまう習性が身についているのでニガテ).
総合職の同期たちはコミュ力おばけだらけ.
これまで機械学習系の論文を読んで数式に起こしてアァでもないコォでもないしてたので,技術研修ではweb系の知識少ないマンの自分はのびしろォ!
そんな感じであっという間の3ヶ月が経過しました.
最近やっと実務に入り,OJT制度のもと業務効率化を目的にしたwebアプリを開発しはじめました.

...とここまでみてきた景色をかいつまんでみましたが(相当ざっくり),何が言いたいかってアウトプット不足なんです.
こうして久しぶり(かなり)にブログを更新しているモチベーションの話です.
ニガテな電話対応研修では,完結に言葉でまとめることが全くできなかった.
コミュ力おばけたちからは「伝える」と「伝わる」の違いを教わりました.
なによりweb初心者の自分はわからないことがわからない(コーディング初学でよくあるアレ).
そんなことを感じ,シンプルに文章化したり考えをまとめたりする時間ほぼなかったと痛感しました.
このブログ自体も備忘録目的で始めたつもりが最初の備忘録 - よしたかのぶろぐしかなくて草しか生えない.
もはや今書いていることも読者に伝わっている文章かどうかすら謎な気持ち.

ということでこんな拙すぎる記事ですが,今後は技術系に限らず些細な所感を駄文ながら残していこうと思います.
何年後かに読んだら恥ずかしく感じるんだろうなあ.
なまあたたかい気持ちで見守っていただけると幸いです.
以上,初心表明的なやつ.